鬼屋へようこそ - Welcome to ONIYA -
   
 
 お勧めの印刷用紙や道具について。

*製品名をクリックするとamazonに飛びます。商品内容や金額の参考にして下さい。
*写真をクリックすると拡大写真が別ウインドウで開きます。

ペーパークラフトの組み立てに必要なもの

印刷用紙[コクヨ スーパーファイングレード厚みしっかりA4]

 鬼屋のペーパークラフは全てコレで作っているので、推奨紙となります。
 厚み:0.15mm、ISO白色度:89%、坪量:不明


カッター[オルファ アートナイフ]

 オルファのほかの製品やNT製も試したけど一番使いやすい。
 替刃が入手しやすいのもお勧めポイントです。
 私は、1本はカット用、もう1本が刃を落として糊付け用として使ってます。
 


カッティングマット[ウチダ カッティングマット CH ブラック]

 カッターを使う場合の必需品!
 厚みがあり反り難く、重いのでズレにくい。
 細かい方眼が印刷してあるので、位置合わせがしやすい。
 欠点は、高価なことと、新品は独特の臭いがあること。
 


定規[ステッドラー カッティング用方眼直定規 20cm]

 透明度が高く、方眼が印刷してあるので、平行に切ったり、規定の長さに切ったりしやすい。
 背中にカット用の金属板が付いてるけど、使いにくいので目盛り側を使ってカットしています。
 


接着剤[セメダイン 木工用 ポリ容器 50ml CA-224]

 コニシボンドの方がメジャーだけど、使っていくうちにラベルがボロボロになるのでセメダインを推奨します。
 速乾と比べて接着時間はやや遅いけど、貼り付け位置のズレが直しやすいです。
 

あると便利なもの

ピンセット・ストレート[ダイソー ハンダ用ピンセット2]

 ストレートタイプの逆作用(握ると開き、手を離すと閉じる)で、糊付けした部分を挟んでおくのに便利。
 先端に滑り止めの溝がないので紙が痛みにくいけど、角が立ってるので、ヤスリで削って使ってます。
 


ピンセット・ベント[???]

 ベントタイプの逆作用(握ると開き、手を離すと閉じる)で、ストレートで挟めない場所で使用。
 これも先端に滑り止めの溝がないタイプ。(逆作用で滑り止め無しは意外と少ない・・・)
 ハンドルが木製で高級感?があるけど、角を落としていないので安っぽさ満点になってるのが残念。
 


スタイラス[呉竹 エンボッシング スタイラス]

 折れ線にコレでなぞって凹みを付けると折り曲げやすくなります。
 先端部分が交換できる(1,1.6,3,3.5mmの4種類が付属)ので、アレコレ使い回しが出来ます。
 


金属ブロック[ノーブランド]

 ホームセンターで見つけた真鍮ブロックは、ウイングやプチFの足回りの組み立てで威力を発揮します。
 直角が出しやすく、真鍮だと重いのでズレにくいです。
 


円筒作成用[PB Swiss Tools 121/00 00-60Ph]

 竹ひごとかでも良いんだけど、たまたま手元にこれがあったので使ってます。
 細い円筒を作るときに、コレに巻きつけて紙に癖をつけています。
 


密封容器[アスベル ユニックスタイトロックTLO-20]

 防水性が高いので、プチFの保管&輸送コンテナとして使ってます。
 そのまま入れると隙間が大きくて動いてしまうので、紙で作った専用の緩衝材を入れています。
 


密封容器[ダイソー330ml3個パック]

 ウチの作品の保管&輸送コンテナとして使ってます。
 ダイソーだとモビーディックがギリギリ、モンスターのパイクスピークシリーズや日野レンジャーは入りません。
 作りかけのパーツ入れにも重宝してます。
 


レタッチ用ペン[ゼブラ 紙用マッキー]

 乾燥が速く裏写りしない水性顔料で、インク補充式。
 紙の裏を黒くしたり、黒パーツの切断面のレタッチに最適。
 ペン先が鋭角なので角まで綺麗に塗れるのも良いです。
 ちなみに、ゼブラの名前書き用油性ペン(にじまないタイプ)も紙に使えます。


レタッチ用ペン[呉竹 Clean Color 2]

 自分の生活圏で入手しやすいのと色数が豊富なので愛用してます。
 滲みやすく、色が黒っぽくなるのが欠点。
 探せば他に良い物があるかも・・・


レタッチ用ペン[uni ポスカ]

 色が鮮やかで不透明なので、レタッチする部分と色が合う場合はコチラを使ってます。
 色数が少ないのと、インクが乾きにくいのが欠点。


 

自分で展開図を作りたい人にお勧め

展開図作成ソフト[ペパクラデザイナー]
 同梱された六角大王スーパーLEでモデリングした3DCGデータを展開図にする感激もののソフト!
 他の3DCGソフトで作ったデータでも展開図に出来ますよ。


Adobe Illustrator
 ベクター系ソフトと言えばコレと言うくらい有名ですね。
 テクスチャはほぼ全てをコレで描いています。


Adobe Photoshop Elements
 イラストレータで作った画像のちょっとしたリサイズや修正用に使ってます。